余命宣告されたら遺言書を作成します

余命宣告されたご家族の方へ

もしもの事態に備えていますか!?


とにかく相談したい、料金の目安を知りたい
「葬儀」に関する不安を解決したい方必見です。

 

⇒無料で全国の葬儀社から資料一括請求する方法

F遺言書(遺言状)を作成する

生前は平穏な関係であっても、相続争いは頻繁に起きます
残された相続人同士の争いを未然に防ぐためにも、
遺言書を残すのはとても重要です。

 


遺言書を作成するメリット

・本人の意思に基づいて遺産相続される

・相続人の無用な争いを防止。または最小限化出来る

 

遺言書(遺言状)とは?

自分が保有している財産を「誰に?いくら?どのように?」
託すかを決める意思表示です。
遺言書は民法の規定に従って作成する必要があります。

 

「法律の定める方式に従わなければ、効力を発揮しない」
と明記されています。
(民法960条)

 

 

遺言書と遺書の違いは?

簡単に言うと以下の違いがあります。

 

種類 遺言書 遺書
法的効力

有り

 

無し
定まった形式無し

内容

自分の意思で財産を
家族や家族以外の人に
配分するように記した物

死去することを前提に
自分の気持ちを
家族や関係者に記した物

民法の規定に従い作成する必要あり
従っていない場合は、法的効力はありません。

 

遺言書(遺言状)の方式

大きく分けて普通方式特別方式の2つがあります。

 

 

 

普通方式

本来の遺言方式です。
厳格な様式性が要求されます。

 

特別方式

普通方式に従った遺言をする余裕がない場合に用います。
例:死が差し迫っているなど

 

普通方式の種類

1:自筆証書遺言

遺言者のみで作成可能。
遺言内容の全文、日付、氏名を記載し署名押印する。
最も簡単に作成できる遺言です。

 

 

メリット

・1人でいつでもどこでも簡単に作成できる
・遺言を作成した事実や内容を秘密に出来る
・内容の変更も容易
・費用が掛からない

デメリット

・遺言書が発見されない可能性がある
・紛失・内容を改竄される危険があ。
・詐欺・脅迫の可能性がある
・遺言が無効になるおそれがある
・家庭裁判所の検認が必要

 

2:公正証書遺言

遺言者+証人2人以上の立会いが必要です。
遺言者が公証人の面前で口述した遺言内容を
正確に文章に纏めて作成する遺言です。

 

メリット

・内容が明確で方式も確実
・紛失・改竄・偽造を防止できる
・字が書けない者でも作成できる
・検認の手続が不要

デメリット

・作成手続きが煩雑である
・証人2人以上の立会いを必要とする
・遺言内容を秘密に出来ない
・費用や時間を要する

 

3:秘密証書遺言

遺言者+公証人または2名以上の証人が必要。
遺言内容を秘密にした状態で、
遺言の存在のみを証明してもらう遺言です。

 

メリット

・遺言内容を秘密にしておける
・偽造・変造のリスクがない
・字を書けない人でも作成可能(署名押印は必要)

デメリット

・手続が若干煩雑である
・遺言書が発見されないリスクがある
・遺言書が無効になるリスクがある

 

それぞれ作成条件が異なります。
ポイントは「民法の規定に従い作成すること」です。

 

 

>>>G葬儀形式と規模を話し合うのページに進む

 

>>>余命宣告、危篤から葬儀までにやるべき14のことのトップページに戻る

 

大切な人との時間を有意義に使いましょう


当日に探した場合、失敗する確率が高いです
限られた時間で、納得のいく葬儀社を見つけたい方へ

 

⇒無料で複数の葬儀社を比較出来る方法

このエントリーをはてなブックマークに追加  

管理人プロフィール 葬儀社を探す 遺産を確認する 葬儀形式と規模 葬儀社を決める