余命宣告されたら遺産、生命保険、現金、年金を確認します。

余命宣告されたご家族の方へ

もしもの事態に備えていますか!?


とにかく相談したい、料金の目安を知りたい
「葬儀」に関する不安を解決したい方必見です。

 

⇒無料で全国の葬儀社から資料一括請求する方法

E遺産(生命保険、現金、年金)を確認する

「どのような財産を所持しているのか?」
を調べるのは非常に重要です。

 

 

なぜなら、借金が多い場合、
マイナスの相続遺産になるリスクがあるためです。

 

 

遺産の豆知識
1.相続する遺産のことを相続財産と呼びます。

2.遺産にはプラスとマイナスがあります。

 

相続には3つの方法があります

1.単純相続 プラス・マイナスすべて相続する
2.限定相続

プラスとマイナスで相殺。
結果的にプラスの場合は相続する

3.相続放棄 遺産をすべて放棄する

 

なお、2と3には有効期限が有り、
3か月以内に申請しなければ自動的に単純相続になります

 

 

こうした理由から全体の相続財産を把握することは
とても重要だと言えます。
また、プラスの遺産・マイナスの遺産によって、
手続き内容が異なります

 

相続財産の種類とそれ以外の財産

 

プラスの相続財産

・現金、預金(銀行口座)
・不動産
・不動産上の権利
(賃貸権や抵当権など)
・自動車、バイク
・貴金属、骨董品、家具類
・有価証券
・その他債権(売掛金や貸付金)
・知的財産権

 

 

マイナスの相続財産

・借金・ローン
・保険債務
・損害賠償

・未納税金

・買掛金

 

相続財産ではない物

・生命保険

・墓地・仏壇
・香典
・葬儀費用
・埋葬料
・死亡退職金

 

勘違いされている方がいますが、
生命保険金は相続財産ではありません。
契約により支払われるお金のため、
あくまで受取人の固有財産です。

 

各種遺産の確認方法

主に2点あります。
・生前に本人から確認する
・自宅で相続財産の手がかりを探す

 

本人の意識がハッキリしている場合は、
比較的簡単に財産を把握することが出来ます。

 

 

ただし、家族に内緒で借金している可能性があります。
単純相続後にマイナスになることは避けたいです。

 

そこで以下を手掛かりに相続財産を探します。

相続遺産(プラスマイナス両方)を探すヒント

・通帳・カード・金融機関からの粗品や郵便物

・不動産権利書、不動産登記簿謄本、不動産売買契約書
・株券、借用書、請求書

 

これらの保管場所として、以下が考えられます。
・自宅金庫
・引き出しの中
・棚
・仏壇
・貸し金庫(本人以外が確認する場合、戸籍謄本が必要です)
 
なお、相続財産の種類によっては、
確認のため戸籍謄本を求められることもあります。

 

 

>>>F遺言書(遺言状)を作成するのページに進む

 

>>>余命宣告、危篤から葬儀までにやるべき14のことのトップページに戻る

 

大切な人との時間を有意義に使いましょう


当日に探した場合、失敗する確率が高いです
限られた時間で、納得のいく葬儀社を見つけたい方へ

 

⇒無料で複数の葬儀社を比較出来る方法

このエントリーをはてなブックマークに追加  

管理人プロフィール 葬儀社を探す 遺産を確認する 葬儀形式と規模 葬儀社を決める