余命宣告されたら喪服の準備をします

余命宣告されたご家族の方へ

もしもの事態に備えていますか!?


とにかく相談したい、料金の目安を知りたい
「葬儀」に関する不安を解決したい方必見です。

 

⇒無料で全国の葬儀社から資料一括請求する方法

D喪服の準備をする

喪服の豆知識

・男性なら夏冬兼用の洋装1着
・女性なら和装・夏冬兼用の洋装1着ずつ

 

従来、男性の洋装はモーニングコートが正装です。
ただし、近頃はブラックスーツが一般的です。

 

 

 

男性の喪服(喪主)洋装の場合
服装やデザイン

ブラックスーツ
(黒無地、シンブル・ダブル両方可)

黒色
ワイシャツ(無地) 白色
ネクタイ(無地) 黒色
ベルト(無地) 黒色
靴下(無地) 黒色
靴(プレーンなデザイン) 黒色

 

 

男性の喪服(喪主)和装の場合
服装やデザイン

黒羽二重の染め抜き五つ紋付の長着と羽織 黒色
袴(仙台平か博多平) 灰色
半襟 黒色または灰色
羽織紐 黒色または白色
角帯(地味なもの) 灰色など
足袋 白色または黒色
草履(畳表の物を選ぶ) 白色または黒色の鼻緒

 

男性の喪服の注意点

・紳士服の黒いスーツはNGです。

(喪服は光を反射しないため、より黒く見えます。)
・ネクタイピンやポケットチーフはつけない
・光沢のある靴や金具がついている靴は避ける
・髭はNGです。
・和装の場合でもお通夜はブラックスーツを着用
・喪服を着崩さない(ネクタイを緩めたり上着を脱がない)

 

女性の喪服について

女性の場合は、和装であることが多いです。
ただし、喪主だから和装という決まりはありません

 

葬儀屋から聞いた話では、
喪主かどうかは関係ありません。
故人との関係が深い(血が濃い=親兄弟)と和装で、
血が薄くなれば(親戚)洋装。だそうです。

 

祖父(母の実父)の葬儀の時、母は和装でした。

 

 

女性の喪服(喪主)洋装の場合
服装やデザイン

黒のフォーマルスーツかワンピース
(長袖が原則です)

黒色
ストッキング 黒色
バッグ(布製) 黒色

靴(布製のパンプスが理想)
ただし、難しいため革製の黒パンプスも可

黒色
ハンカチ 黒色または白色
コート(ウールのロング) 黒色
マフラーや手袋 黒色

 

女性の喪服(喪主)和装の場合
服装やデザイン

染め抜き五つ紋付の羽二重(黒無地)か
一越縮緬を着用する

黒色
夏場は平絽か紗を着用 黒色
下着 白色
半襟 白色

帯は一般的に絽か紗で黒無地の丸帯
または名古屋帯

黒色
帯締め、帯揚げ 白色
バッグ(布製、革製の場合は光沢のない物) 黒色

草履は黒い布製が正式
(または畳表の黒い鼻緒の物を着用)

黒色

 

女性の喪服の注意点

・喪服は長袖が原則(上着は夏場でも肘が隠れる長さ)

・スカートはひざ下丈(正座した時にひざが隠れる長さ)
・アクセサリーは結婚指輪を除いて基本的につけない
・洋装の場合はパールの一連リングやネックレスの着用OK
・和装は周囲の人や葬儀社に事前に確認した方がよい
(地域差が出やすいため)

 

急な葬儀で喪服がない場合は?

喪服はレンタル可能です。
「いつか買おうと思っていたけど、間に合わなかった」
「持っていたけどサイズが合わなくなっていた」

 

そういうケースもあり得ます。

 

 

今では便利なもので以下の方法でレンタルできます

・葬儀屋
・ネットで申し込む(翌日午前中に届くサービスもあります)

 

マタニティ授乳対応のスーツを揃えているショップもあるため、
選択肢は広いです。
ネットで検索すると簡単に見つかります。

 

事前に調べておくと良いでしょう。

 

 

>>>E遺産(生命保険、現金、年金)を確認するのページに進む

 

>>>余命宣告、危篤から葬儀までにやるべき14のことのトップページに戻る

 

大切な人との時間を有意義に使いましょう


当日に探した場合、失敗する確率が高いです
限られた時間で、納得のいく葬儀社を見つけたい方へ

 

⇒無料で複数の葬儀社を比較出来る方法

このエントリーをはてなブックマークに追加  

管理人プロフィール 葬儀社を探す 遺産を確認する 葬儀形式と規模 葬儀社を決める