余命宣告された場合にやるべきこと【家族の気持ちの整理をする】

余命宣告されたご家族の方へ

もしもの事態に備えていますか!?


とにかく相談したい、料金の目安を知りたい
「葬儀」に関する不安を解決したい方必見です。

 

⇒無料で全国の葬儀社から資料一括請求する方法

余命宣告された場合にやるべきこと【家族の気持ちを整理する】

「余命〇〇・・・」
余命宣告されて一番ショックを受けるのは本人です。

 

ですが、”余命宣告”は本人のみならず、
家族も同様に大きなショックを受けています

 

大切な人の前では涙は見せない。
普段通りに接したい。過ごしたい。
そう思う人が大半だと思います。

 

 

残された時間を有意義に過ごすためにも
まず最初にやるべきことは以下です。

 

家族がやるべきこと

1.配偶者の気持ちを整理する
2.子供の気持ちを整理する

 

配偶者の気持ちを整理する

妻または夫が余命宣告を受けた場合、
配偶者が受ける精神的負担は計り知れません

 

昨日までは当たり前だと思っていた日常が、
急に当たり前ではなくなります。

 

 

但し、一緒に過ごせる時間は限られています。
涙が止まらず、苦しいかもしれませんが、
大切な人との貴重な時間を後悔しないように過ごします。

 

 

仕事があるため毎日病院に通えないかもしれません。
他の親族(兄弟や子供)がいる場合は、
協力してもらうようにします。

 

 

子供の気持ちを整理する

一般的に言って、子供よりも親が先に亡くなります。
そういうものだと分かっていても、
「親の死」は、子供に大きな衝撃を与えます

 

 

ましてや未成年であったり、他に家族がいない場合
気持ちの整理を一人で行うのは、難しいです。

 

周囲の親族が協力して、支えるようにします

 

 

残された時間が、意味のあるものとするためには、
「本人の気持ち」と「周囲の支え」が必要です。
どちらが欠けても、上手くいきません。

 

家族の気持ちを整理することで、
心の安定を保つことが出来ます。

 

 

>>>余命宣告された場合にやるべきこと【遺書を作成する】のページに進む

 

>>>余命宣告、危篤から葬儀までにやるべき14のことのトップページに戻る

 

大切な人との時間を有意義に使いましょう


当日に探した場合、失敗する確率が高いです
限られた時間で、納得のいく葬儀社を見つけたい方へ

 

⇒無料で複数の葬儀社を比較出来る方法
このエントリーをはてなブックマークに追加  

管理人プロフィール 葬儀社を探す 遺産を確認する 葬儀形式と規模 葬儀社を決める