余命宣告された場合にやるべきこと【SNSアカウントの管理】

余命宣告されたご家族の方へ

もしもの事態に備えていますか!?


とにかく相談したい、料金の目安を知りたい
「葬儀」に関する不安を解決したい方必見です。

 

⇒無料で全国の葬儀社から資料一括請求する方法

余命宣告された場合にやるべきこと【SNSアカウントの管理】

Facebook、Twitter、Line、Instagramなど、
何かしらのSNSを使っている方は多いと思います。

 

余命宣告された後、ご自身の心境をSNSに投稿される方もいます。
また「削除する」ことまで、気が回らないということも想定されます。

 

 

削除するにしても、残すにしても、
ご本人がやるべきことは、SNSの管理です。

 

余命宣告された後に、アカウント管理をする理由

SNSアカウントは、自動的に削除されません。
削除したい場合、利用者本人が行う必要があります

 

 

これらのアカウントは、利用者本人の個人情報であり、
本人しか利用することが出来ません。
このことから、もしも利用者の方が亡くなった場合、
基本的には、削除することになります。

 

SNSアカウントが自動的に削除されない理由

サービス提供元に利用者が死亡したことが伝わらない

 

これは考えてみれば当然です。
利用者が死亡したことを知る方法はありません。

 

 

SNSアカウントを削除した方がよい例

・家族や友人に迷惑をかけるような内容が書いてある
・有料サービスに申し込んである

 

判断基準は、ご本人目線というよりかは、
残された方々にどういう影響があるか?です。

 

悪い影響がある場合は、削除した方が良いと思います

 

死後にアカウントを削除したい場合の方法

・遺言書・エンディングノートに記載(意思表明する)
・自動的に削除されるように設定する

 

”生前は利用したい”という方もいると思います。
SNSによっては、死後に削除するという設定が出来ます

 

生前の意思表明 代理人による削除
Facebook

セキュリティ設定画面で 
削除・追悼アカウント移行
を決定する

追悼アカウントのリクエスト
から削除する

Twitter 出来ない

プライバシーフォームから
削除する

Google
(Gmail)

アカウント無効か管理ツール
で設定する

死去したユーザーのアカウントに
関するリクエストを送信するから
削除する

 

余命宣告された後は、気が動転していますので、
すべてを完全に削除できているとは限りません。

 

 

また、ご家族の方がすべてを把握するのは、
物理的に無理があります。

 

代理申請→削除はとても時間と手間がかかるため、
影響がない場合は、放置するという選択肢もありだと思います

 

 

>>>余命宣告された場合にやるべきこと【家族の気持ちを整理する】のページに進む

 

>>>余命宣告、危篤から葬儀までにやるべき14のことのトップページに戻る

 

大切な人との時間を有意義に使いましょう


当日に探した場合、失敗する確率が高いです
限られた時間で、納得のいく葬儀社を見つけたい方へ

 

⇒無料で複数の葬儀社を比較出来る方法

このエントリーをはてなブックマークに追加  

管理人プロフィール 葬儀社を探す 遺産を確認する 葬儀形式と規模 葬儀社を決める