余命宣告された場合にやるべきこと【葬儀の準備をする】

余命宣告されたご家族の方へ

もしもの事態に備えていますか!?


とにかく相談したい、料金の目安を知りたい
「葬儀」に関する不安を解決したい方必見です。

 

⇒無料で全国の葬儀社から資料一括請求する方法

余命宣告された場合にやるべきこと【葬儀の準備をする】

不謹慎だと感じる方もいると思います。

 

ですが、余命宣告された場合、
葬儀の準備をした方が良いです。

 

生前に葬儀の準備をした方が良い理由

・高い葬儀社を選ぶリスクがある
・葬儀内容を吟味する時間がない
・冷静な判断が出来ない可能性が高い

 

大切な人が亡くなった時、誰しも動揺します。
冷静を保つのは難しいです。

 

家族がやるべきことは、以下を決めておくことです。

 

余命宣告された場合に、やるべき2つのこと

1.葬儀社を選ぶ・決める
2.葬儀内容を決める

 

葬儀社を選ぶ・決める

臨終→葬儀までの時間は約1日です。
物理的な時間が圧倒的に少なく、
その期間内に良い葬儀社を見つけるのは困難です

 

 

また、複数の葬儀社と付き合いのある方は少数のため、
そもそも「どこに依頼すればよいのか?」分かりません。

 

そういう状況下で葬儀社を選ぶと失敗するリスクが高まります

 

 

葬儀内容を決める

家族や親類のみで葬儀を行うのか?
または、大規模な葬儀を行うのか?
ご本人の人間関係や家族の経済状況によって、
葬儀の規模は様々です。

 

 

それ以外にも「宗教式・無宗教なのか?」
も決めておいた方が良いです。

 

逆にこれらを決めていない場合、
葬儀費用の目安が分かりません

 

 

また、葬儀の知識がある方は少数だと思いますので、
葬儀社に相談するようにしましょう。

 

葬儀社に相談する方法

・メール
・電話
・直接葬儀社の人間に会う

 

すべてを決定する必要はありませんが、
準備しておいて損はありません。

 

葬儀社から提案されるまま進めた結果、
「あれで良かったのかな」と振り返ることは避けたいです

 

 

>>>余命宣告された場合にやるべきこと【SNSアカウントの管理】のページに進む

 

>>>余命宣告、危篤から葬儀までにやるべき14のことのトップページに戻る

 

大切な人との時間を有意義に使いましょう


当日に探した場合、失敗する確率が高いです
限られた時間で、納得のいく葬儀社を見つけたい方へ

 

⇒無料で複数の葬儀社を比較出来る方法
このエントリーをはてなブックマークに追加  

管理人プロフィール 葬儀社を探す 遺産を確認する 葬儀形式と規模 葬儀社を決める