余命宣告された場合にやるべきこと【生命保険の確認】

余命宣告されたご家族の方へ

もしもの事態に備えていますか!?


とにかく相談したい、料金の目安を知りたい
「葬儀」に関する不安を解決したい方必見です。

 

⇒無料で全国の葬儀社から資料一括請求する方法

余命宣告された場合にやるべきこと【生命保険の確認】

家族が余命宣告された時にやるべきことの1つが、
加入している生命保険の確認です。

 

近頃は以下のような生命保険があります。

 

「知らなかった」と後悔しないように、
確認してみてください。

 

リビングニーズ特約

医師から余命6カ月以内の宣告を受けた場合、
生前に死亡保険金の一部を受け取れる特約。

 

どの生命保険会社でも無料でつけられます。
途中からつけることも可能です。

 

 

リビングニーズ特約の特徴

・余命宣告の理由は何でもよい(例:がん)
・生前受け取れる上限は、3,000万円
・受け取った保険金は非課税
・受け取ったお金の使い道は自由

 

まとまったお金を生前に受け取とれるため、
残された時間を有意義に使うことが可能です。

 

また、治療費に充てることも出来るため、
闘病に専念することも可能です。

 

 

なお、リビングニーズ特約を利用するにあたり、
以下の注意点があります。

 

リビングニーズの2つの注意点

1.使い切れない場合、課税対象となる
2.本人に余命宣告が伝わる可能性がある

 

使い切れない場合、課税対象となる

受け取った保険金を使い切らずに亡くなった場合、
相続財産として課税対象になります

 

リビングニーズ特約の利用は1度きりです。
”少額のため追加”は出来ません。
かと言って、使いきれない場合も面倒なため、
必要額のみ受け取るようにしましょう。

 

 

本人に余命宣告が伝わる可能性がある

「指定代理請求特約」を付加すれば、
家族が代理で請求することが出来ます。

 

ただし、以下のリスクは依然として存在します。

 

保険金額や保険料の変化に気付く

保険金額・保険料が変わってしまうため、
本人が気付く可能性があります。

 

本人が生命保険会社に問い合わせて気づく

本人が保険会社に契約内容を確認した場合、
保険会社は回答せざるを得ません。
そこから本人に、気づかれる可能性があります。

 

 

またそれ以外にも、周囲の対応の変化から、
本人が気づく可能性があります。
たとえ平静を装っていても、ショックが大きいため、
どこか不自然になるかもしれないからです。

 

 

残された時間を有意義に過ごせるように、
この特約に加入されている方は、確認してみてください。

 

 

>>>余命宣告された場合にやるべきこと【相続の準備をする】のページに進む

 

>>>余命宣告、危篤から葬儀までにやるべき14のことのトップページに戻る

 

大切な人との時間を有意義に使いましょう


当日に探した場合、失敗する確率が高いです
限られた時間で、納得のいく葬儀社を見つけたい方へ

 

⇒無料で複数の葬儀社を比較出来る方法
このエントリーをはてなブックマークに追加  

管理人プロフィール 葬儀社を探す 遺産を確認する 葬儀形式と規模 葬儀社を決める