余命宣告されたら遺影写真を選択します

余命宣告されたご家族の方へ

もしもの事態に備えていますか!?


とにかく相談したい、料金の目安を知りたい
「葬儀」に関する不安を解決したい方必見です。

 

⇒無料で全国の葬儀社から資料一括請求する方法

C遺影写真を選択する

意外と大変なのが遺影写真です。

・本人が写真嫌い。
・写真をとる習慣があまりない

 

こうした場合は、家にほとんど写真がないため、
本当に苦労します。

 

 

遺影写真を選ぶ2つのポイント

・故人が生前気に入った写真
・遺族が見て故人らしいと思える写真

 

本人に聞ける状況ならば、確認した方が良いです。
ただし、実際には難しい場合が多いため、
遺族が選択することの方が多いです。

 

 

その他にも技術的な要因としては、
・ピントが合っている
・出来るだけ個人が大きく映っている
・近年に撮影したもの
等があります。

 

 

大きく映っているのは重要です。
免許証の写真を引き伸ばすことも可能ですが、
相当ぼやけます

 

 

また、最近は加工技術が発達しているため、
以下はすべて修正することが可能です。
・着衣
・背景の色
・写真自体の明るさ
・一緒に写っている人や物

 

 

白黒やカラーであることは重要ではありません。
また体の向きが真っすぐじゃなくても問題ありません。

 

遺影原稿は「写真そのもの」でも良いですし、
「デジタルカメラのデータ」でもOKです。

 

遺影写真の重要性

実は葬式で一番印象に残るのは遺影写真です。
祭壇、供花や供物は、それほど参列者の記憶に残りません。

 

 

 

遺影写真に向かって参列者は焼香するため、
記憶に残りやすいのだと思います。
また写真を見て故人と過ごした時を思い出すため、
印象に残りやすいのだと思います。

 

 

私は親族のため、じっくりと全体を見る時間がありました。
中でも一番印象に残ったのは、故人の写真です
祖父は笑顔でした。
良い顔をしていました。

 

 

>>>D喪服の準備をするのページに進む

 

>>>余命宣告、危篤から葬儀までにやるべき14のことのトップページに戻る

 

大切な人との時間を有意義に使いましょう


当日に探した場合、失敗する確率が高いです
限られた時間で、納得のいく葬儀社を見つけたい方へ

 

⇒無料で複数の葬儀社を比較出来る方法
このエントリーをはてなブックマークに追加  

管理人プロフィール 葬儀社を探す 遺産を確認する 葬儀形式と規模 葬儀社を決める