喪主の決め方

喪主の決め方

法律上「喪主は〇〇が務める」
という決まりはありません。
基本的に、誰でもなることが出来ます。

 

喪主の決め方のポイントとなるのが、
”生前、故人との縁の深さ”です。

 

例えば、

・故人の配偶者
・生前故人と一緒に生活していた家族
・生前、故人の身の回りの世話をしていた人

などです。

 

以下簡単ですが「喪主の決め方」の参考として、
一般的な優先順位を紹介します。

 

最も優先度が高い決め方

・故人が遺言で指定した人

 

故人の意志を尊重します
生前に、もしも個人が指定した人がいる場合は、
その方が喪主を務めます。

 

通常は、配偶者であったり、
故人と同居していた息子や娘が該当します。

 

二番目に優先度が高い決め方(上から優先度が高い)

1.故人の配偶者
2.故人の長男・次男・三男と以下続く
3.故人の長女・次女・三女と以下続く
4.故人の両親
5.故人の兄弟姉妹

もしも遺言で指定していない場合、
故人の配偶者が喪主を務めるケースが多いです。

 

配偶者が高齢などで難しい場合は、
故人の長男や長女が代わりに務めます。

 

 

この時点で、多くの方は喪主が決定しています。
ただし、高齢で身寄りがいなかったり、
特殊な事情で親戚に頼めない方もいます。

 

その場合の決め方は以下です。

配偶者や血縁者がいない場合の喪主の決め方

・故人と親しかった友人・知人
・介護施設の代表者

 

この場合「友人代表」や「世話人代表」
と呼ぶのが一般的です。

 

友人や介護施設の方が引き受けてくれない場合、
葬儀社やお寺の住職が代行してくれることもあります。

 

 

>>>香典の相場はいくら?のページに進む

 

>>>余命宣告、危篤から葬儀までにやるべき14のことのトップページに戻る

 

大切な人との時間を有意義に使いましょう


当日に探した場合、失敗する確率が高いです
限られた時間で、納得のいく葬儀社を見つけたい方へ

 

⇒無料で複数の葬儀社を比較出来る方法
このエントリーをはてなブックマークに追加  

管理人プロフィール 葬儀社を探す 遺産を確認する 葬儀形式と規模 葬儀社を決める