お膳料の相場

お膳料の相場

あまり馴染みがない人も多いですが、
法要の際にお坊様にお膳料をお渡しします。

 

お膳料とは?

お膳に代えてお坊様にお渡しするお布施です。
先方の都合により法要の食事に参加できない時に、
代わりに送る謝礼です。

 

お食事の代わりに渡すため、
参加される場合は渡さなくても良いです。

 

 

お膳料の考え方

「会食の席でいくら位の物を食べたのか」
考えるとイメージが付きやすいです。

 

昔は葬儀後の会食に寺院の方々も参加していました。
近頃はそれを省略してお金を渡しています。

 

 

葬儀別のお膳料の相場

葬儀名 金額
通夜・告別式 5,000〜10,000円
初七日 5,000〜10,000円
四十九日 5,000〜10,000円
一周忌 5,000〜10,000円
三回忌 5,000〜10,000円
初盆・新盆 5,000〜10,000円

 

お膳料を渡すタイミング

読経が終わりお坊様が帰られる時に、
お布施と一緒にお渡しします

 

 

ただし、お食事を召し上がれる場合は、
渡さなくても良いです。
あくまでお食事に代えて、
お膳料をお渡しするからです。

 

 

お膳料を渡す時の注意点

・直接の手渡し
・床に置いて渡す

これらは失礼にあります。
注意しましょう。

 

 

切手盆、袱紗、風呂敷などを用いてお渡しします。
僧侶から見て正面になるようにします。

 

 

また参列者よりも早く帰られる場合は、
引き出物をお渡しするのを忘れないようにしましょう。
品物は、他の参列者と同じで問題ありません。

 

>>>葬儀と結婚式が重なった場合の優先順位の決め方のページに進む

 

>>>余命宣告、危篤から葬儀までにやるべき14のことのトップページに戻る

 

大切な人との時間を有意義に使いましょう


当日に探した場合、失敗する確率が高いです
限られた時間で、納得のいく葬儀社を見つけたい方へ

 

⇒無料で複数の葬儀社を比較出来る方法
このエントリーをはてなブックマークに追加  

管理人プロフィール 葬儀社を探す 遺産を確認する 葬儀形式と規模 葬儀社を決める