葬儀費用はどこから借りる?

葬儀費用はどこから借りる?

親しい人との別れは必ず訪れます。
大切な人だから、立派な葬儀にしてあげたいと思う反面、
葬儀費用は高額です。

 

 

 

突然の出費に資金が足りないという事態も十分にあり得ます。
今回はその場合の対処法を紹介します。

 

葬儀費用が足りない場合の方法

1:消費者金融を利用
2:葬儀ローンを利用
3:親族から借りる
4:クレジットカードで支払う
5:クジレットカードのキャッシング

 

それぞれメリット・デメリットを紹介します。

 

消費者金融を利用
メリット ・即日利用可能
デメリット

・金利が高い(最高年率18%)
(一部初回は無利息のところもあります)

 

葬儀ローンを利用
メリット

・24時間365日インターネットで申し込み可能
・最短3分で審査結果が分かる(オリコ)
・ローンの中では金利が安め

デメリット

対応している葬儀社が限られている
中小の葬儀社は対応していない場合があります

 

親族から借りる
メリット

・無利子で借りられる
・葬儀費用のため比較的借りやすい

デメリット

・打ち明けづらい(相談しづらい)
・贈与税が発生するリスクがある

 

クレジットカードで支払う
メリット

・現金を用意する必要がない
・ポイントが貯まる(楽天ポイントやマイル等)

デメリット

・対応している葬儀社が限られている
・葬儀ローンと比較して金利が高い

 

クジレットカードのキャッシング
メリット ・コンビニATMなどで24時間365日利用可能
デメリット

・現金一括払いで返済
・借りられる金額が少ない

 

どこで借りるのが良いのか?

金銭的に一番良いのは、親族に借りることです。
事情が事情だけに、借りやすいです。

 

また、基本的に無利息なので、
多少支払い期日が長くても待ってもらえます。

 

 

とはいえ、これはあくまで理屈上の話です。
実際には、金銭が絡むと人間関係が悪くなります

 

 

そこで、一般的なのが葬儀ローンです。
対応している葬儀社は限られていますが、
一度検討してみてください。

 

以下参考までに葬儀ローン対応の葬儀社です。
>>>葬儀ローンに対応「シンプルなお葬式」

 

>>>葬儀費用は相続財産から払える?のページに進む

 

>>>余命宣告、危篤から葬儀までにやるべき14のことのトップページに戻る

 

大切な人との時間を有意義に使いましょう


当日に探した場合、失敗する確率が高いです
限られた時間で、納得のいく葬儀社を見つけたい方へ

 

⇒無料で複数の葬儀社を比較出来る方法
このエントリーをはてなブックマークに追加  

管理人プロフィール 葬儀社を探す 遺産を確認する 葬儀形式と規模 葬儀社を決める