遺言で喪主を指定することが出来る?

遺言で喪主を指定することができる?

一般的に喪主は、以下の順番で決定します。

1.故人が遺言で指定した人
2.血縁関係(関りの深さ)

 

親が亡くなった場合は、長男が。
夫が亡くなった場合は妻が喪主を務めるケースが多いです。
関連記事:「J喪主を決める

 

 

「遺言で指定された喪主」に法的拘束力はあるのか?

ありません
基本的に相続人同士で決定することが原則のため、
法律で誰が喪主とすべきかの定めはありません。

 

民法第897条 祭祀供用物の承継で定められているのは、
「誰が墓、祭壇、位牌を受け継ぐのか?」という点のみです。

 

そのため、遺言で「喪主は〇〇」と書かれていても
拒否することが出来ます。

 

 

 

では、遺言で喪主を指定するのは意味がないのか?
と言うと。そうでもありません。

 

遺言で喪主を指定しておいた方がよいケース

身寄りがいない方

離婚。死別。未婚。
人によって状況は様々です。
ただし、親しくしている友人、知人がいるなら、
遺言を残せばよいのです。

 

 

遺言で喪主(友人・知人など)を指定することで、
その方に葬儀を執り行ってもらうことが可能です。

 

 

>>>故人(遺体)の写真を撮るのはマナー違反?のページに進む

 

>>>余命宣告、危篤から葬儀までにやるべき14のことのトップページに戻る

 

大切な人との時間を有意義に使いましょう


当日に探した場合、失敗する確率が高いです
限られた時間で、納得のいく葬儀社を見つけたい方へ

 

⇒無料で複数の葬儀社を比較出来る方法
このエントリーをはてなブックマークに追加  

管理人プロフィール 葬儀社を探す 遺産を確認する 葬儀形式と規模 葬儀社を決める