葬儀と結婚式はどちらが優先?

葬儀と結婚式が重なる場合は?

以下架空の条件で進めます。

自分が喪主。

1/19祖父が急遽。1/20通夜、1/21告別式
1/20に親戚が結婚式を控えている

冠婚葬祭の原則は、慶事より弔辞が優先です。
そのため、重なってしまった場合は葬儀を優先します。

 

葬儀>結婚式です。

 

 

 

不祝儀は一生に一度です。
祝儀は一生の内に何度も有ります
(可能性としてあり得るという意味です)

 

 

もちろん実際に何度も結婚式が有ると困りますが、
不祝儀はこの世とのお別れです。

 

お祝い事は、人生に何回も起こりますが、
人の最期はその時しか逢えません

 

結婚式を先に行う方法

葬儀は死亡した翌日にやらなくてはいけない
という決まりはありません。
日程を1日ずらすことも可能です。

 

 

もちろんその場合は、喪主やお寺に事情を説明して、
葬儀をずらしてもらう必要があります

 

 

とりわけ、結婚式を挙げる本人やその親族と
葬儀に出る親族が同じ場合は説明や説得が楽です。
中には反対する人もいると思いますが、
そのあたりは親族で協議して決めればよいと思います。

 

 

>>>葬儀費用が足りない場合はどうする?のページに進む

 

>>>余命宣告、危篤から葬儀までにやるべき14のことのトップページに戻る

 

大切な人との時間を有意義に使いましょう


当日に探した場合、失敗する確率が高いです
限られた時間で、納得のいく葬儀社を見つけたい方へ

 

⇒無料で複数の葬儀社を比較出来る方法
このエントリーをはてなブックマークに追加  

管理人プロフィール 葬儀社を探す 遺産を確認する 葬儀形式と規模 葬儀社を決める