香典の相場

香典の相場はいくら?

香典の金額は故人との付き合いの深さにより異なります。
血族関係のある親族ほど高くなる傾向にあります。

 

 
 
親族が亡くなった場合の香典相場

亡くなった方
あなたとの関係

20〜29歳
あなたの年齢

30〜39歳
あなたの年齢

40歳〜
あなたの年齢

祖父母 1万円 1〜3万円 3〜5万円
両親 3〜10万円 5〜10万円 10万円〜
義理の両親 3〜10万円 5〜10万円 10万円〜
兄弟・姉妹 3〜5万円 5万円 5万円〜
義兄弟・義姉妹 3〜5万円 5万円 5万円〜
おじ・おば 1万円 1〜2万円 1〜3万円
いとこ・その他の親戚 3千〜1万円 3千〜2万円 3千〜3万円

こちらはあくまで目安です。

 

おすすめの香典確認方法

実際は喪主方の親族と話し合い
アドバイスをいただくのが良いです。

 

「10万円程度と考えていますが、これでよろしいでしょうか?」
という感じで尋ねればよいです。
親族間の香典費用のバランスを考えた方が良いです

 

 

多すぎても少なすぎても問題です。
(後から余計なトラブルを避けるためです)

 

 

香典は袱紗に包んで持参するのがマナーです。
 

 

 

豆知識:香典は援助的な意味合いが強い

原則として、喪主が葬儀費用をすべて負担します。
その他遺族親族は香典という形で葬儀代の扶助をします。
そして、香典はすべて喪主がもらいます。

 

自分の両親の葬儀の時に香典は必要か?

基本的に喪主を務める場合は必要ないようです。

 

ただし、私の祖父の葬儀を参考にすると、
喪主からも香典は出されていました。

 

そのため、「喪主をする人が決定する」と言えそうです。

 

 

>>>お布施の相場はいくら?のページに進む

 

>>>余命宣告、危篤から葬儀までにやるべき14のことのトップページに戻る

 

大切な人との時間を有意義に使いましょう


当日に探した場合、失敗する確率が高いです
限られた時間で、納得のいく葬儀社を見つけたい方へ

 

⇒無料で複数の葬儀社を比較出来る方法
このエントリーをはてなブックマークに追加  

管理人プロフィール 葬儀社を探す 遺産を確認する 葬儀形式と規模 葬儀社を決める