葬儀費用の相場

葬儀費用の相場

日本消費者協会が発表したデータによると
2014年の全国平均葬儀費用は約189万円でした。

 

 

ちなみに地域別の平均は以下です。

 

地域別の平均葬儀費用

北海道 161.7万円
東北地区(青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島) 170.0万円
関東A(茨木、栃木、群馬、千葉) 236.7万円
関東B(埼玉、東京、神奈川) 184.3万円
中部A(新潟、富山、石川、福井) 199.7万円
中部B(山梨、長野、岐阜、静岡、愛知) 215.8万円
近畿(三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山) 210.5万円
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口) 153.6万円
四国(高知、愛媛、徳島、香川) 134.3万円
九州(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島) 194.0万円

 

これはあくまで平均です。
使用する葬儀社や葬儀方法によっては、
もっと安くなることも逆に高くなることもあります。

 

 

葬儀費用は3つの要素で構成されています。

・葬儀一式費用
・飲食接待費
・寺院費用

 

各々の平均費用や明細は以前の記事を参考ください。
参考記事:L葬儀内容と費用を決める

 

 

注意したいのが、追加費用の発生です。
以下簡単に追加費用が発生する事例を紹介します。

葬儀で追加費用が発生する例

葬儀社にボッタクられたというよりかは、
打ち合わせが不十分なことで発生することが多いです。

 

 

 

葬儀費用一式(葬儀当日に必要な項目を追加)

人それぞれ必要な物、求めている物が違います。
そのため、打ち合わせする時にどういうお葬式にしたいのか?
という希望を伝える必要があります

 

例えば、
・通夜を行いたい
・告別式を行いたい
・料理をふるまいたい
・返礼品を用意したい等々。

 

 

これらを伝えずに葬儀社任せにした場合、
確実に満足できない葬儀になります。
不要な物があったり。
逆に当日必要だと思っていた物がなかったりと。

 

 

結果、追加費用が発生して高くなります
こうした事態を避けるためにも見積り時に
しっかりと希望を伝えるようにしましょう。

 

 

飲食接待費(葬儀当日の会葬者が増える)

予定していた人数より会葬者が増えた場合、
当然、料理もお返し物も予定より多く必要になります。

 

会葬者80人を予定していたお葬式で、
120人来られたとします。
この場合、当初の1.5倍です。

 

当然、料理もお返し物も1.5倍必要になります。
もちろん追加料金が発生します。

 

 

基本的に後から追加しない限りは
見積り時から価格が大きく変動することは有りません

 

>>>葬儀費用の補助金の申請方法のページに進む

 

>>>余命宣告、危篤から葬儀までにやるべき14のことのトップページに戻る

 

大切な人との時間を有意義に使いましょう


当日に探した場合、失敗する確率が高いです
限られた時間で、納得のいく葬儀社を見つけたい方へ

 

⇒無料で複数の葬儀社を比較出来る方法
このエントリーをはてなブックマークに追加  

管理人プロフィール 葬儀社を探す 遺産を確認する 葬儀形式と規模 葬儀社を決める