危篤を告げられたら、葬儀内容と費用を決めます

余命宣告されたご家族の方へ

もしもの事態に備えていますか!?


とにかく相談したい、料金の目安を知りたい
「葬儀」に関する不安を解決したい方必見です。

 

⇒無料で全国の葬儀社から資料一括請求する方法

L葬儀内容と費用を決める

葬儀はある程度纏まったお金が必要になります。
祖父の葬儀は約200万円かかりました。

 

葬儀の規模や内容については、
故人の生前の地位や経済状況から決定します。

 

 

葬儀の規模や費用に関係する要素
・故人の意志や社会的地位

・故人の交際範囲
・現在の経済状況

 

葬儀にかかる費用の考え方

 
仏式の場合の全国平均 2014年 日本消費者協会調べ

 

 

あくまでこの費用は参考です。
故人の意志や遺族の思いに沿った葬儀にするためには、
どのくらい費用がかかるかを精査する必要があります。

 

 

なお、葬儀は支出ばかりではありません。
香典によって収支も発生します。

 

 

祖父の葬儀では、218組の方々が香典をくださいました。
香典の合計は、1,529,000円でした

 

 

また、故人の社会的な地位によっては、
社葬・団体葬という場合もあります。

 

 

故人が生前に葬儀費用として残しておくことも多いですが、
足りない場合があります。
近頃は晩年を病院で過ごす(入院費用がかかる)人が多いため、
葬儀費用をかけられない傾向にあります

 

 

残された遺族の生活が困窮するようでは本末転倒です。
無理のない範囲で検討しましょう。

 

>>>M危篤者の口座から現金を用意しておく(入院・葬儀費用の支払い)のページに進む

 

>>>余命宣告、危篤から葬儀までにやるべき14のことのトップページに戻る

 

大切な人との時間を有意義に使いましょう


当日に探した場合、失敗する確率が高いです
限られた時間で、納得のいく葬儀社を見つけたい方へ

 

⇒無料で複数の葬儀社を比較出来る方法
このエントリーをはてなブックマークに追加  

管理人プロフィール 葬儀社を探す 遺産を確認する 葬儀形式と規模 葬儀社を決める