危篤を告げられたら、葬儀社を決めます

余命宣告されたご家族の方へ

もしもの事態に備えていますか!?


とにかく相談したい、料金の目安を知りたい
「葬儀」に関する不安を解決したい方必見です。

 

⇒無料で全国の葬儀社から資料一括請求する方法

K葬儀社を決める

十分な時間が取れない、葬儀の知識もない中で、
葬儀社を選ぶのは大変です。
ましてや家族は連日の看病で心身共に衰弱しています。

 

 

以前、早く簡単に良い葬儀社を探す方法として
「葬儀社一括見積」の利用を紹介しました。
参考記事:B葬儀社を探す

 

 

 

今回は、大切な人の葬儀を任せられる
葬儀社の決め方(選び方)を紹介します。

 

 

多くの方が望むのは、以下ではないでしょうか?

 

葬儀社を決める場合のポイント

・遺族が望んだ葬儀を行ってくれる

・希望する葬儀費用で対応してくれる

 

そして、実際に選んだ葬儀社と打ち合わせをする時は、
これらの点を確認します。

 

丁寧で誠実

遺族は葬儀について分からないことだらけです。
事前相談にも、遺族の事情や希望を聞いたうえで
丁寧に葬儀のアドバイスをしてくるかどうかを確認します。

 

 

以下のような葬儀社は要注意です。

・希望を聞く前から一方的に提案してくる
・契約を急いだりする

これらは自分本位の相談者に優しくない葬儀社です。

 

 

会社の雰囲気や対応

実際に葬儀社を訪問して、
言葉使いや対応を見た方が良いです。
対応が悪い=(あなたにとって)良くない葬儀社です。

 

また身だしなみに清潔感がない場合も注意です。
祭壇などの取り扱いが雑な可能性があります。

 

 

料金体系が明確

「葬儀一式」等ではなく、細かい項目の説明がある。
内訳を記載した見積りを出してもらえる葬儀社を選びます。
よく有るのが、見積金額と葬儀実費用のギャップです。

 

そのため“これ以上追加費用が発生しない見積書”
出してもらうようにします。

 

 

 

小さな規模(安い)の葬儀にも対応

葬儀社にとって、小さな葬儀=利益が少ない葬儀です。
そのため、以下のような葬儀社は注意です。

・葬儀形態を変更するように言ってくる

・対応が冷たくなる

これらは自分勝手な遺族に優しくない葬儀社です。

 

 

彼らにとっては数ある一つかもしれませんが、
家族にとっては、一生に一度きりです。
やり直しが出来ません。

 

 

後悔しないためにも、複数の葬儀社の見積りを
比較して決めた方が良いです。

 

>>>L葬儀内容と費用を決めるのページに進む

 

>>>余命宣告、危篤から葬儀までにやるべき14のことのトップページに戻る

 

大切な人との時間を有意義に使いましょう


当日に探した場合、失敗する確率が高いです
限られた時間で、納得のいく葬儀社を見つけたい方へ

 

⇒無料で複数の葬儀社を比較出来る方法
このエントリーをはてなブックマークに追加  

管理人プロフィール 葬儀社を探す 遺産を確認する 葬儀形式と規模 葬儀社を決める