危篤を告げられたら、喪主を決めておきます

余命宣告されたご家族の方へ

もしもの事態に備えていますか!?


とにかく相談したい、料金の目安を知りたい
「葬儀」に関する不安を解決したい方必見です。

 

⇒無料で全国の葬儀社から資料一括請求する方法

J喪主を決める

一般的に法律上の相続人が務めます

 

実際には、遺族で協議して喪主を決定します。
その時に重視されるのが故人との“関わりの深さ”です

 

 

 

喪主を決める時の優先順位

1.故人が遺言で指定した人

2.故人の配偶者

3.故人の息子(長男>次男>三男)
4.故人の娘(長女>次女>三女)
5.故人の両親
6.故人の兄弟や姉妹

 

喪主とは?

葬儀の主催者です。
また遺族の代表者でもあるため、
葬儀において非常に重要な役割を務めます
また後の年忌法要も務めます。

 

 

 

喪主がやること

・葬式の決定権を持ち、式の進行を指揮する
・葬儀社の方と当日の段取りを決める
・故人に変わって弔問を受ける

 

中でも一番重要なのが弔問を受けることです。

 

喪主が未成年の場合は?

この場合は親族の一人が後見人として務めます。

 

故人に縁者がいない場合は?

生前親しくしていた友人や介護施設の代表者が、
施主(喪主の代わり)を務めるケースも存在します。

 

 

>>>K葬儀社を決めるのページに進む

 

>>>余命宣告、危篤から葬儀までにやるべき14のことのトップページに戻る

 

大切な人との時間を有意義に使いましょう


当日に探した場合、失敗する確率が高いです
限られた時間で、納得のいく葬儀社を見つけたい方へ

 

⇒無料で複数の葬儀社を比較出来る方法
このエントリーをはてなブックマークに追加  

管理人プロフィール 葬儀社を探す 遺産を確認する 葬儀形式と規模 葬儀社を決める