余命宣告、危篤〜葬儀までにやるべき14のこと

余命宣告されたご家族の方へ

”もしも”の事態に備えていますか!?

とにかく相談したい、料金の目安を知りたい。
「葬儀」に関する不安を解決する方法です!


>>>一度の入力で全国400の葬儀社を比較出来ます

余命宣告、危篤から葬儀までの流れ

「大切な人が余命告知された時の準備は出来ていますか?」

 

 

大切な人が医師から余命を宣告された時。
危篤の連絡を受けた時。
誰しも動揺します。冷静な人はいません。

 

 

当時の私は”祖父が亡くなるなんて信じられない”
”信じたくない”という気持ちでいっぱいでした。

 

例外はあるはずだ。
余命を告知されてから長生きした人もいる。
きっと祖父も助かるはずだ・・・と。

 

 

家族は連日連夜の看病で心身共に疲弊しており、
まともに考える余裕がありません。
ましてや、亡くなった後のことなんて考えられません

 

ただし、悲しんでばかりいられません。

 

余命宣告された家族がやるべきこと

何よりもまずやるべきことは、
家族と一緒に過ごすことです。

 

会話したり。
話せなくても、会いに行くだけでも良いと思います。
生きているうちにしか出来ないことをしましょう。

 

 

当サイトでは、余命宣告を受けた場合のご家族の方へ
以下の8つを推奨しています。

 

普段会っていないと、いざ会ってもなかなか会話できません。
でも、それでも良いんです。

 

あの時「会ったという事実」と「行動したという記憶」が、
自分の中で時間の経過と共に”納得”に変わります。

 

葬儀社を探し始める

お叱りを受けるかもしれません。
不謹慎だと感じる方もいるかと思います。
ですが、生前から葬儀社を探し始めた方が良いです。

 

 

 

なぜなら、

▲葬儀は一度きりのため後悔してもやり直しがきかない
▲大手や老舗だからと言って優良とは言えない
▲比較する時間がないためリスクが高い
(価格面、サービス面、対応面など)

 

複数の葬儀屋に会って初めて分かりました。
また「葬儀に掛かる費用」や「どういうお葬式にしたいのか」も
実際に会って話さないと分かりません。

 

葬儀屋を探す良い方法

「葬儀屋一括サイト」を利用することで、
一度に複数社から見積りを取ることが出来ます。

 

これは便利です。
探す時間も省けます。
また、比較できるため各葬儀社の良し悪しが分かります。

 

 

 

葬儀は約189万円かかります。
決して安くはありません。
慎重に選びたいものです。

 

また、残された家族の生活も考えなくてはいけません。
日本消費者協会が2014年に発表

 

 

大切な人だからこそ、今のうちから出来ること、
やるべきことがあります。

 

「余命わずか、危篤状態」家族がやるべきこと

いざこういう場面に遭遇すると、
何をどうすればよいのか分かりません。
「あの時あれをしておけば・・」と後悔しても遅いです。

 

当サイトでは、シーン別にやるべきことを紹介しています。

・余命宣告をされた時
・危篤の連絡を受けた時
・危篤者の見舞いに行く時の注意点
・その他の豆知識やQ&A

 

時間は戻りません。
後悔しないように、大切な人との時間を
有意義に過ごしてください。

 

 

焦る必要はありませんが、
今から一つ一つやっていくことをおすすめします。

 

葬儀社は事前に探しておきましょう!

当日に探した場合、失敗するリスクが高いです。
大切な人や残される家族が後悔しないように、
前もって葬儀社を探されることをおすすめします。


>>>全国の葬儀社から一括資料請求する方法です

 

 

>>>@家族と一緒の時間を過ごす、出来るだけ会話をするのページに進む

 

>>>余命宣告、危篤から葬儀までにやるべき14のことのトップページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加  

管理人プロフィール 葬儀社を探す 遺産を確認する 葬儀形式と規模 葬儀社を決める